「好き」の理由


好きという気持ちに
理由などいらないとは思うのですが、
何故わたくしは
山野草が好きなのか
思い当たるフシがあったので
記しておきます。

港区あたりに行くと
オーナーのセンスがくっきりと表れた
今どきの花屋さんが
何軒もあります。
ほんわかナチュラル系のお店も
ビシッとした空気が流れているお店も
流行の最先端のオーラが漂っています。
とあるお店などは
店先に置いてある花はほとんど
明日活け込みで使用する予定の品を
水揚げしている最中だったりして、
予約頂かないとお売りする物はなくて
と仰るぐらいなので、
お花のコンディションも完璧です。

洋花も好きですので
たまには玄関用に
入れてみたりもするのですけれど、
実際に置いてみると
これは「インテリアの一部」なんだな、と
実感します。

余程何か
思うところでもない限り、
お部屋の飾りつけの中の一つです。
カーテンの生地や、
ソファーの形を選ぶことと
そんなに変わりはありません。
部屋の中で調和が取れて、
綺麗であれば
お役は果たしているのです。

綺麗なんですけれど、
わくわく嬉しくはなるんですけど、
それだけ、です。

食材に例えるならば、
花屋の花は、養殖です。

例えば鯛も、
養殖と天然の違いをみても
明らかなように
天然は収穫量も安定していませんし
個体差も激しいです。
お味の方は言わずもがな、です。

それに対して野山での手摘みの山野草は
天然です。
路傍の雑草も、天然です。

花屋の花のようにまっすぐでも
均質な大きさの物が揃っているわけでもなく、
虫食いの葉があったり
大きく曲がっていたり、
一本たりとも同じ物はありません。
それを扱い辛いと思うのか、
個性や魅力だと捉えるのか。

個性だとするならば、
その個性に、何を見出すのか。
それを生かしきってあげられるのか。
クセとも呼べるその特徴を
愛せるのか。

魚や花ではなく、
これを
人にたとえてみるならば、
どうでしょう。

言い出しっぺは自分ではあるものの
ちょっと、
居住まいを正したくなるようなお話です。


20160512_n.jpg



花: 姫車輪梅 矢車草 錨草 釣鐘草
器: 作者不明 


明日に続く

 
関連記事
スポンサーサイト



なげいれ 川瀬敏郎 骨董 山野草 茶花 いけばな 古陶磁

0 Comments

Leave a comment

←お返事は基本当ブログ内で致します。ご面倒をお掛けしますが再度お越し下さい