夏の気配


今朝、丁子草のツボミに
青い色が射し始めたのを見つけました。

冬の梅、水仙の白い花が終わると、
春は
マンサク、福寿草、菜の花のような
黄色い花と共に始まり、
夏が近づくにしたがって
都忘れや藤やあやめ、そしてアジサイのような
青い花が咲きはじめます。
山野草はこれから
一年で一番
花に恵まれる季節を迎えます。



20160503.jpg

見立ての器を用いることは多いのですが、
今日は炭斗の籠を使ってみました。

小さな花を思い通りのポジションに居て貰うためには
指では、隣の花まで動かしてしまうため
最終的に竹串でほんの数ミリ寄せたり
ピンセットを用いて
わずかな隙間に差し込んだりします。

手数は少ないに越したことはないのですが、
ガッチリと固定していないので
ちょっとした加減で動きやすい時もあり、
自然にふんわり留まっているように見えるための
水面下の水かきは
あの手この手を尽くします。


花: 都忘れ 梅花唐松 糸すすき 築紫唐松 コマクサ 春菊 春紫苑 杉菜 黄金葉雪の下 壷珊瑚
器: 炭斗籠


関連記事
スポンサーサイト



なげいれ 川瀬敏郎 骨董 山野草 茶花 いけばな 古陶磁 コマクサ 炭斗

0 Comments

Leave a comment

←お返事は基本当ブログ内で致します。ご面倒をお掛けしますが再度お越し下さい