短絡的


昨日初公判の「東名あおり事故」の
連日の報道を見ていて、
何か腑に落ちなく思えて仕方がありません。

『被告の行動を起こさせる原因となった
被害者の言動』までをも
深く掘り下げて考慮することなく
ただ批判するのは、
直情短絡的で恐ろしく思えるのです。

実際のところ、
被害者は亡くなってしまっていて
詳細についてはわかりません。

キレやすい未熟な大人が増えているのは
周知の事実です。
そういう人を
「彼が一方的に悪い」と批判することは
簡単ですが、
そのような人にであれ
他者に意見をする際の言葉遣いに
気を回さねばならないのは、
たとえば
どんなに叱責される理由がある者に対しても
威圧的な物言いをすれば避難の対象となる
パワハラ問題にしたところで、
同じことではないかと思います。

これは、誰かを糾弾したいわけでも
責任問題を問いたいのでもありません。
もちろん法的には
そういうことも必要でしょうが、
当事者でない者が
徹底的にそれを行ったところで
自分達の属する社会に起こる様々な問題の
根本的な解決にはならないからです。

この事故に限らず
私達に必要なのは、
どうすれば「最悪の状態」を
今後は回避できるのかを考え、
関係者ではない各個人が
日々できることは何なのか考えることに
尽きるのではないかと思います。

他者から見てどんなに間違っている人も、
自分がお腹の底から
「自分は間違っている。どうにかせねば」
と思わない限り、
力ずくで他者の
思考を変えることは出来ません。
思い通りになるのは
自分だけです。

社会は、たくさんの誰かの
正義感や善意で成り立っていて
多くの人はその恩恵に気が付くこともないまま
日々を過ごしています。
そんな中で起こる不意な事故の当事者に
自分がなる可能性はどこにでも転がっていて、
普段平穏に暮らしていれば尚更
対処の仕方が分からず
パニックになります。
それを少しでも防ぐには、
不条理だと思う時にさえ
他者に思いやりを持ち
優しさを循環させること以外、
特効薬などないのではないかと思うのです。

そして、
隣人を愛することも
左の頬を打たれたら右の頬をも差し出すことも、
とてもとても難しいことだと
足元を見て思う次第です。


20180925.jpg

花: 朝鮮五味子 深山唐松 
器: 竹 寸胴切


関連記事
スポンサーサイト



2 Comments

みゅうぽっぽ  

今晩は!毎日気の重い、ニュースばかりですね!このあおり運転の事件、もちろん、このあおりをした人が一番悪いとは思いますが、亡くなった方には申し訳ありませんが被害者の方も「ボケ、邪魔だ」はないのではと思いました。本当に言葉使いの大切さを感じました。
もう少し違う注意の仕方があったのではと。でもすぐ、切れて高速でこのような事を平気でする様なこの犯人、もう少し大人の対応ができなかったのかと残念です。

2018/12/05 (Wed) 23:12 | EDIT | REPLY |   

えるて  

Re: みゅうぽっぽ さま

こんにちわ!

やはりそうでしたか… (-_-)

この事件に限ったことではないと思うのですが、
本当は分けて考えなくてはならない
いろんな要素が絡まっているのですよね。

報道は、まずは自分達が
強烈な反論に合わない事を前提に
作り込むのでしょうが、
何か上滑りだなぁと
悲しく思います。


2018/12/07 (Fri) 11:10 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment

←お返事は基本当ブログ内で致します。ご面倒をお掛けしますが再度お越し下さい