夏の終わり

 
先日、長い旅行から戻ってきて
夕闇の中、まずは庭を見遣ると
時々酷い雨が降りはしたようなのに
この夏の熱波で焼き尽くされたかのような草々に迎えられ
スーツケースを投げ出して
慌てて水を遣りはじめました。

蓮鉢の中はどれもこれも干上がる寸前で
ドボドボと勢いよく水を入れているにもかかわらず
全ての鉢を満たす頃には
日が沈み全身に汗がにじんでいました。

生き物の世話をしている者が
家を空けるのは大変なことです。
動物であれ植物であれ
それらの命を握っているからで、
植物は物言わずじっと待つのみです。

与えられた環境を享受するだけでなく、
自らがより良いところを探そうとする意思から
動物へと進化したのかもなぁ、などと
なんとか枯れずに済んだ庭の草花を見つつ
秋めいた雨の中想像したことです。


20180814.jpg

花: 数珠珊瑚 八幡草 吾亦紅 不如帰 水引 矢筈薄
器: 竹籠


関連記事
スポンサーサイト

2 Comments

hippopon  

ご存知かもしれませんが高良さん10月8日銀座でオープンですよ。

2018/09/11 (Tue) 22:13 | EDIT | REPLY |   

えるて  

hippopon さま

行かねばね ^_^

2018/09/12 (Wed) 22:07 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment

←お返事は基本当ブログ内で致します。ご面倒をお掛けしますが再度お越し下さい