はろうぃん


ハロウィンは元来ケルト系の宗教行事で、
日本で言うところの
お盆と新嘗祭の混ざったお祭りが起源です。
ケルト系の民族の古い暦では11月1日が新年ですので
10月31日は大晦日にあたり、
死者の魂が現世に戻ってくるとされていました。

日本のお盆が祖霊をお迎えする行事なのに対して、
悪霊までもが同時にやってくると考えらえていたため、
自分達も悪魔の恰好になって同化することで
憑りつかれないようにと仮装したのが
原点だそうです。
キリスト教の万聖節の前夜祭にもあたります。

ハロウィンパーティーの差し入れに
紫芋と、安納芋と鳴門金時で
スイートポテトを作ってみました。

2017-1031.jpg

コツは、お芋を皮ごと蒸して皮をむき、
アクで変色した部分を取り除き、
ポテトマッシャーでつぶして砂糖を混ぜるまでを
熱いうちに行う事。
砂糖で芋のアクを封じます。

バターや生クリームをお好みの量程入れて、
滑らかなコクを出すこと。
生クリームを沢山入れると
白っぽく柔らかくなりますので
新鮮な無塩バターをたっぷりお使いになるのがおすすめです。
古いバターは香りも風味も悪くなっています。

紫と黄色の2色を抱き合わせて
手の上でころころと丸め、
綺麗な形になったら
茶巾で絞ること、ぐらいでしょうか。

殺菌もかねて、
230度ぐらいのオーブンで10分程焼くと
色も綺麗になりますし、
外側が乾きますので包むにも安心です。

お弁当のおかずや
焼き魚の付け合わせにも良いと思います。

関連記事
スポンサーサイト

2 Comments

みゅうぽっぽ  

お早うございます!ムラサキイモ、綺麗な鮮やかな紫色ですね!!美味しそうです!!今度トライしてみます!!ありがとうございました!

2017/11/03 (Fri) 09:04 | EDIT | REPLY |   

えるて  

みゅうぽっぽ さま

マッシャーでつぶしてお砂糖を加えた後
食べてみて甘さの調節をして、
その際生地がベトベトしていたら
お鍋で火にかけて練って
鍋肌にくっつかなくなるまで
水分を飛ばしてみて下さいませ。

お芋の質によって随分仕上がりが変わります。

安納芋などは焼き芋には美味しいのですが
これだけだとベトベトすぎて
茶巾に絞りにくかったりします。

お試しくださいませ ^_^

2017/11/03 (Fri) 11:17 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment

←お返事は基本当ブログ内で致します。ご面倒をお掛けしますが再度お越し下さい