むくめく


器が好きで、
食器もさることながら
花用に良い器はないかと
気に掛けている方です。

しかしながら
「これは!」と思うような物が
悩まずに手に入ることは
実は少ないのです。

妥協をしては
ラクチンに阿った己にこうべが垂れ、
清水の舞台を飛び降りようとしては
はたして勢いだけになっていないかと
二の足を踏み
はたと身の程を顧みる。

買い物は自分との闘いで、
反省することが殆どです。

そんな中で
土器は手に入れやすい部類に入るのですが、
それでも大きさやなんやと悩ましいので
今年は機会があるごとに野焼きで自作しています。

今回の縄文土器はどんなふうに焼けた?と友人に聞かれ、
写真を見せたところ
「生き物感がハンパない」と言われ、
上手いことを言うものだなぁと
感心してしまいました。

実際目の前にしてみると
ほやほやの赤ちゃんのような雰囲気があります。
何の赤ちゃんかは、謎なのですが。


20171009.jpg


花: 犬升麻 山帰来 山法師の実
器: 自作土器

関連記事
スポンサーサイト

2 Comments

みゅうぽっぽ  

お早うございます。土器、ご自分で作られるのですね!!すご~い!!私も土器は大好きです!今手元にある土器は縄文土器と時代のわからない土器2つです。シンプルな土器に野の花が良く似合います。いつも素敵な花器に素敵なお花がいけてありますね!いつも参考にさせていただいています!

2017/10/11 (Wed) 09:18 | EDIT | REPLY |   

えるて  

みゅうぽっぽ さま

こんにちわ

野焼き土器は
陶芸家の方主催のものもありますが、
自治体で行っていることもあります。

お住いの都道府県に
埋蔵文化センターがあれば
講座を行われることも多いようなので、
ご興味があればお調べ下さいませ。


2017/10/11 (Wed) 13:16 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment

←お返事は基本当ブログ内で致します。ご面倒をお掛けしますが再度お越し下さい