かほばな


高圓之
野邊乃容花
面影尓
所見乍妹者
忘不勝裳
         
たかまどの 
のべの 
かほばな 
おもかげに 
見えつついもは 
忘れかねつも

万葉集 大伴家持


道路の路肩の植栽に
昼顔が群生する季節となりました。

昼顔は日本在来の野生種なのに対して
朝顔は平安の頃薬用として渡来し、
江戸時代の日本で
一番交配された花です。
現代では西洋種も入ってきて
今私達が目にする殆どが
園芸種なのだそうです。

朝顔の植木鉢も
そろそろ花屋に並び始めるでしょう。
赤、青、紫…と色とりどりに美しいのに
どうしてかそれよりも
どこにでも咲いている昼顔の方に
心が惹かれます。

摘んできては水に放ち
あの器、この器と楽しむことが
夏の間は幾たびもあります。

飽きることがないのは
原種の持つ清らかさなのか、
この花の空気が柔らかく
澄んでいるからだろうと思います。

とは言っても、
ヒルガオにも
色の濃いの、薄いの、
まんまるいの、五角形に近いの、
そして殆ど見分けの付かない小さめのコヒルガオと、
土地土地によって、微妙に変化があります。
諏訪湖の花火大会の際に
原田泰治美術館近くの駐車場の
フェンスに巻きついた
まんまるのひるがおを見つけた時は
余りに美しい姿なので
思わず声が出ました。

そしてアサガオですが、
古代においては
ムクゲやキキョウなど
夏の早朝に開く花を指し、
現代のように
朝顔だけ意味する言葉ではなかったようです。

そして上の万葉集の句にある「かほばな」は
顔花とも容花とも貌花とも書かれ、
上の句においては
ヒルガオを指していると言われています。
この言葉も又、
ヒルガオだけではなく
ヤマシャクヤクやムクゲ、アサガオなど
顔のような面状にぱっと咲く夏の花を指して使われたそうで、
時には美しい花という意味で
カキツバタのことも言われたとか。

今の時代、
夏の朝に咲く花の総称や、
円形に面状に咲く花の総称を
私は、聞いたことがありません。
このような言葉が
必要なくなったので廃れたのでしょうが、
それを鑑みると
古代の人が花のことを口にする時の感覚が
今とは随分違うように感じます。

たとえば「かおばな」と呼ぶ時は
上の万葉集のうたにあるように
その花の面影に
誰か重ねる人を思い出しているように感じるのです。

枕草子にも
「夏はつとめて(早朝)」とあるように、
夏のひんやりとした朝は季節のご馳走で、
電気もない暗い夜が開けたその朝に
朝露とともにぱっと開いた花を
あさがおと呼んで慈しむ思いは、
特に都会では
感じることが難しい感覚のように思います。


ちなみに、このうたにある高円(たかまど)とは、
現在の奈良市白毫寺町付近だそうです。

百毫寺と言えば、
私にとっては何といっても
夏から秋に掛けて咲く萩の花です。

山門へと続く
そう広くもない古い石段の両脇に
草木染のチマチョゴリを着た女性が
ずらっと並んでいるかのように
階段に向けて質感たっぷりに垂れている萩の美しさは
例えようもありません。

本尊の薬師如来の脇侍の
勢至&観音菩薩も
お迎えしているかのように前屈みで
倭座りの小さく愛らしいお姿も格別です。

秋口はあの石段を登り
脇侍のほとけさま達に会いに行くために
百毫寺を訪れる事をおすすめしたい程です。

話はひるがおに戻りますが、
夏の花の御多分に漏れず「一日花」です。
沢山のつぼみを持ったつるを入れてみたのですが
次々に咲いて、最後は一輪だけになりました。


20170606_1.jpg


20170606_2.jpg


花: 昼顔
器: 竹花入 一重切 (江戸期)



関連記事
スポンサーサイト

0 Comments

Leave a comment

←お返事は基本当ブログ内で致します。ご面倒をお掛けしますが再度お越し下さい