スペシャルなプレゼント


もうすぐ六月です。
ジューンブライドです。
それでふと思い出して
フォルダーの中から写真を探して参りました。


20170524.jpg


これは、何?と思われるかもしれません。
随分前に依頼されて作った物ですが
実は、フルーツケーキです。
シュガークラフトの中に、
かなり日持ちする
直径15cmのフルーツケーキを入れています。

西欧でポピュラーなウエディングケーキは三段です。
一番下の段を披露宴の列席者に振る舞い、
真ん中は列席できなかった方々へのお裾分けに、
一番上の段を結婚一年後
もしくは第一子の誕生の際にまで保存しておいて頂く、
という風習がまだ残っています。

伝統的なイギリスのウエディングケーキはフルーツケーキです。
日本程湿度の高くない土地柄でもあるので
お酒をたっぷり利かせておけば
常温で持たせることができます。
風習とはいうものの
現代の軽めのウエディングケーキを
冷凍庫で保存していて邪魔で…なんてお話も
いまどきは聞きます。

いわゆるシュガークラフトの手法では
マジパンを直接ケーキに貼り付けて
シュガーペーストでデコレーションしてゆきますが、
デコレーション自体は
日持ちがして食べられるということに意味があるので
現代の私達には美味しくはなく、
デコレーションに手間を掛けても
ケーキを頂く時には切らねばならない
という矛盾を抱えています。

シュガークラフトの可愛いデコレーションを
そのまま飾っておきたい…
そんなふうに思われるかもしれないと思い、
簡単にデコレーションとケーキを外せる方法を考えました。

ケーキはたっぷりラム酒を含ませた後
フィルムで完全に密閉してしまい、
シュガーペーストで出来たデコレーションの中に
すっぽりと収めました。

なので召し上がる際は、
すぽんとデコレーションから抜いてフィルムを剥がせば
簡単に切り分けが出来ます。

フルーツケーキに使うお酒が苦手な方には
3週間ぐらい日持ちする
チョコレートケーキで作ったこともあります。

通常の物と違って
ケーキと接していないので
かなり濃い目に着色料を入れても
良心が呵責しなくて済みます。

スポッとケーキから抜く時に
壊してしまう不安感をなくすため、
シュガーペーストは厚めにしてあります。

飾りのお花果物も
ブーケやインテリア用の
ちょっと質の良い造花を使うと
シュガーペーストで作った造花より
一層華やかになります。

ケーキを食べ終わった後も、
透明なプラスチックのケースに入れて置けば
当分この姿を見て楽しむことも出来ます。


シュガークラフトのケーキから話は飛びますが、
和久傳に「西湖」という有名なお菓子があります。
笹の葉に包まれた
ひんやりつるんっと美味しい
ぷるんぷるんのすがすがしいお菓子で
頂くと嬉しい物の一つですが、
これが紙箱に入って頂くのと
竹籠にビシッとしつらえられたのを頂くのとでは
同じお味に違いないのに
どうしてこうも気分が違うのだろう、と
しみじみ思います。
少しでも喜びを多く届けたいと下さる方の
心意気が伝わってくるからでしょうか。

過剰包装と言われればそれまでなのですが、
エコ一辺倒では届けられないものもあると思うのです。


このケーキ(というかシュガークラフト)は
「どこにも売っていないような
嬉しくて飛び上がっちゃうような
ワクワクするような物を…」とのことで、
あれこれご相談しながら出来た物です。

受け取られた方が
差し上げられた方のお気持ちを汲んで下さったら何よりなのですが、
ウエデイングでもお誕生日でも
お祝いごとのお手伝いは
人様のことながら、本当にウキウキします。

色決めに四苦八苦しながらも
心の栄養を頂いたような気分になったのを
久しぶりに思い出し、
ほんわか温かい気持ちになりました。


関連記事
スポンサーサイト

2 Comments

nonohana626  

スペシャルなプレゼント

写真を拝見して、一瞬「???」でしたが、ケーキなのですね。
わたしは、こんな美しいケーキを口にするのは、ためらわれると、思います。
ただただ、眺めていたいようなケーキです。
そして、お飾りが、また素敵、この濃い赤が好きです。


2017/05/31 (Wed) 22:05 | EDIT | REPLY |   

えるて  

nonohana626  さま


こんにちわ ^_^

喜んでいらっしゃる方の空気って
伝染するかのようで、
こちらも元気にさせて頂けますよね。

このデコレーションは
それなりに手間が掛かるのですが、
ぴちっと出来上がった時の満足感ったらありません。
我ながら、ちょっとゲルマン系入っているな~と思います(笑)

ちなみに、この中に入っているフルーツケーキ
すごく美味しいのです、ふふふ

2017/06/01 (Thu) 02:07 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment

←お返事は基本当ブログ内で致します。ご面倒をお掛けしますが再度お越し下さい