その先にあること


先日のことです。

又木を作るため
何度も何度も切り直しているうちに
ある瞬間切り詰めすぎてしまって
すとん、と器の中に
落としてしまった方がいらっしゃいました。

よくあることなのです。

仕方なく2つ目をお作りになっていましたが
それも駄目にされてしまって、
3つ目でようやく留めることに成功なさいました。


又木にしても一文字にしても
丁度良い寸法は
ほんの2mmの差もない中で決まりますから
作る際に四苦八苦なさるのは
不思議でもなんでもありません。

材を水に漬けてしっかり膨張させておけば、
弾力が出てぎゅっと押しつぶしやすくなるので
ちょっと大きめでも留まってくれたりします。

とはいえども
それも程度問題なので、
又木作りの面倒さにうんざりなさった方は
一度出来たものを
同じ器に繰り返し使用なさる方もいらっしゃるようです。
出来合いの物が売っていたりもします。


それと対照的に
どんな留め木も
ハサミを一発入れるだけで作る方がいらっしゃいます。
ちょっと具合をなおされることはあっても
何度も何度も切り刻まれることはありません。

又木を作る手際や能力が
花を入れる力に比例するかどうかなど
私にはわからないのですが、
後者の方の入れられる花は
思わず涙が出てしまうことがある程
人の心に訴えかける何かがあります。

二者の違いは、はたしてどこにあるのだろう?と思います。

器用・不器用や
又木作りの話に留まらず
根本的に何かが違っているのではないかと
考えてしまいました。

慣れも、もちろんあるでしょう。
器用さも、もちろん関係なくはないと思います。
才能やセンスもかかわっているに違いありません。


しかしながら、じ~っと拝見していて
一番の違いは
「心構え」なのではないかと思うに至りました。
そのことと向き合っている態度の表れとも
言えるのではないかと思うのです。
結果、その心が具現化する時、
他者から違いが見て取れてしまうのでしょう。

話は変わりますが、
テレビを見ていたら
お饅頭屋さんの職人の方が取材を受けていらっしゃいました。
ぴったり25gの餡を
たなごころで量れると仰っていて、
まるめた後、秤に乗せたピンポン大のこし餡が
どれもピタリと25gを指しているのを確認したインタビュアーが
すごいすごいと驚いていました。

ちょっとした遊び心で
同じようにやってみよう、と
つぶ餡で餡玉を作ってみました。

はじめに25gをはかって確かめた後
10個ほど丸め、
並んでいる中で
小さいと感じる物と
一番大きい物とを量ってみたところ、
その差は8gでした。
なるほど、ぴったり同じ重さに手に取るのは
機械でもないので、難しいことでした。

ふと思い立って
適当に無心に、ではなく
毎回手のひらに
「これは本当に25gか?」と問うようにして
再度10個丸めてみようと思いました。

はじめに25gに量った物を手に取り
しっかり覚えさせます。

その後の結果は
大きい物と小さい物の差は
わずか3グラムでした。

私という人間の能力が変わったわけではなく
心構え一つでの結果です。


毎日毎日同じことをしていれば
秤などなくともいつの日か、
25gがためらいなく量れるようになるのだと思います。

けれど、何事も心構えをして事に臨むという姿勢でいれば
それは餡の重さが手でわかるということに留まらず
様々なことに余波が及び、
その日々の積み重ねは
長年のうちに
そうでない人との間が
埋められない程の違いになるのでしょう。

同時に、職人さんは職人さんです。
何を良しとするのか
価値観は人それぞれで、
世の中にはいろんなタイプの人が必要です。

おのおの、どこを向いているのか。
わたしは、どこを向いているのか。

私には、まだまだ開けてみたい扉があります。
それは、ぼんやりとしたままでは
開けることは叶わないようです。

この一切りは
二度と来ない一切りと心を定めて
鋏で切らなければ、と思います。

そして、ちょっと疲れたなあと思ったら
道端の雑草の花をぽーっと見て
和もうと思います。


20170514.jpg


花: 八角蓮 柿 都忘れ 菖蒲
器: 信楽壷


関連記事
スポンサーサイト

4 Comments

nonohana626  

その先にあること

「この一切りは、二度と来ない一切りと心定めて、鋏で切らなければ」、お花に鋏を入れるときも、この言葉をよくかみしめて、鋏を入れようと思います。

2017/05/18 (Thu) 21:23 | EDIT | REPLY |   

えるて  

nonohana626  さま

こんにちわ ^_^

いや、自分で書いたものの
お返事を書こうとするたびに
手が止まってしまう程
本当に難しいことだなぁと
噛みしめて思っています。

自分も、人も
心が洗われるような花は
なかなか入らないものですね。

2017/05/20 (Sat) 23:44 | EDIT | REPLY |   

祐子  

初めまして

いつもお写真だけを楽しませていただいて居りましたが、
今日はなぜか文章も読ませていただきたくなり、読んで
とても心に響くものがあり、驚きました。

私の何事に対しても「心構え」の足りなさを気づかせて
いただきました。
有難うございました。

近々、新しい生活を始めようと思っていた矢先だっただけに
何かに導かれて、読ませていただけたのかもとも思いました。

2017/05/21 (Sun) 12:34 | EDIT | REPLY |   

えるて  

祐子 さま

はじめまして


切り替え時に
たまたまご覧頂いて
何かが、お気持ちに残る。

そんなご縁は、不思議ですね。

でも、そんなふうにして
様々な事は
かかわりあったり
回ったりしているのかもしれません。

わたくしも
自分自身に向けて
「心構えが足りてないですよ!
 わかっているのに動かないのは、
 猶更いかんですよ!」と
はっぱを掛けている次第です。


素敵な門出になられますように ^_^

2017/05/21 (Sun) 20:44 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment

←お返事は基本当ブログ内で致します。ご面倒をお掛けしますが再度お越し下さい