一年が巡りました


立春も過ぎ、
brogという形での発信を始めて
一年が経ちました。

二十四節気七十二候を
一年かけて追うことは
想像していたよりもずっと
深いところで勉強になり
また、自分の無知を
改めて知る機会でもありました。

書いた文章を今読み直してみると、
我ながらほっこりした気持ちになるものもあれば、
この花はイカン…季節が巡ったら入れなおして
写真を差し替えねば、
と思っているものもあります。

おそらくこれから
文章も花も過去に遡って
ちょこちょこ直していくと思います。

年の瀬から
今度の一年は
どのような形で綴っていこうか…と
ぼんやり考えていました。

小さな器で入れる花に特化してみようか、
それとも茶花を追ってみようか、
いやいやそれとも
節句などの室礼(しつらい)と食を丁寧にしてみようか、
旅や食や住居についても触れてみようか。

いろいろ思い浮かぶものの、
まだ定まっておりません。
とはいえども
時間は思いの外早く過ぎ去ってしまうので、
差当り手近な
時候を表す言葉や行事と共に
季節の花を追ってみようと思っております。


20170208.jpg


花: 節分草 吸蔓(忍冬) 蕗の薹
器: 木村渡雲(二代整珉) 砂鉢

花の名前の読み方は、PCの方は
画像にカーソルを合わせて頂ければ出ます





関連記事
スポンサーサイト

0 Comments

Leave a comment