秋分 末候:水始涸(みずはじめてかるる)


日本人がハシリの物を好むからか
いまや新米は
8月の終わり頃には
先を競うように出回りはじめます。

田の水を抜き、
収穫に備える時期を
暦の上では今時分として
「水始めて涸るる」と言い表していますが、
実際、郊外に出向くと
半分以上のお米は既に刈り取られています。
なので「水既涸」と言った方が現状に即しているなぁ、
なとど思いました。

お米と言えば以前、
ある新米を掌につかんで握ったところ
「肌のきれいなおばあちゃんの皮膚ってこんな感じかな」
と思うような、
目には見えないけれども
ふっくらした中に
乾燥した細かいしわのようなものを
感じたことがありました。
私の知っているお米より
ほんのわずかに軽く、ほんのわずかに柔らかいのです。
乾燥してある生米を
少しでも柔らかいと感じることが
我ながら面白かったので
それを口に出したところ、
「はさがけしたお米ってことが関係あるかしら?」と
お返事が返って来たので
あ、なるほど、と思いました。

お米を鎌で刈るのも、干すのも、重労働です。
今は機械で収穫し
乾燥機を使うのが普通だと思います。

そのお米の生産集落は
今では稀なほど
人と人との結びつきがバランスよく濃いので
相互互助が容易なため、
農家さん達がはさがけを出来るのかもしれません。

市境の山のてっぺんにあって、
風がよく通る土地です。
それゆえ虫が付き難く、
無農薬でのお米の栽培が難しくないとのこと。

ただ、風で稲が倒れやすい土地であることと
そうは言っても虫害に強い稲であるに越したことはないこととで、
伊勢湾台風の際に
伊勢神宮の神田のコシヒカリの田んぼで
2列だけ倒れなかったものから
「イセヒカリ」と命名されたお米を 
作っていらっしゃいます。
登録品種でも奨励品種でもないことから、
流通する事が少ないと聞きました。
少し固めの硬質のお米なので
神宮の由来ゆえ「皇室米」などと
駄洒落た呼び名もあるとか。

金の穂の揺れる稲田の風景は
何にも勝る美しさですが、
その集落について 
後日また書く機会がもてれば、と思います。


20161003.jpg

花: 開実
器: アクリル製ワインクーラー


関連記事
スポンサーサイト

2 Comments

Minnie  

こんばんは(*'-'*)

えてるさま♪
いつも見事なお花を生けられて、どれも感動ものです。野の花が多いのですが
今日もアケビの蔓性の様子と葉が生きてアケビの果実が割れてとても綺麗です
お花全体の撮影も上手いなぁと思います♪o(^-^o) (o^-^)o♪
温泉にお出かけだったのですね。

2016/10/04 (Tue) 19:48 | EDIT | REPLY |   

えるて  

Minnie  さま

ありがとうございます m(__)m

写真はiphoneでパチリ、です。

写真を撮ること自体好きで
楽しいのですが、
自然に生えている状態の花と違って
器に入れた花は本当に難しくて、
ほんのわずかな角度で
全然別物になってしまうのが
悩ましいです。



> えてるさま♪
> いつも見事なお花を生けられて、どれも感動ものです。野の花が多いのですが
> 今日もアケビの蔓性の様子と葉が生きてアケビの果実が割れてとても綺麗です
> お花全体の撮影も上手いなぁと思います♪o(^-^o) (o^-^)o♪
> 温泉にお出かけだったのですね。

2016/10/07 (Fri) 00:44 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment

←お返事は基本当ブログ内で致します。ご面倒をお掛けしますが再度お越し下さい