週末の告白


実は、このところ
スランプなのです。

仕上がった花を見るたびに、
予定調和に過ぎないのではないか、とか
目垢がついたような
すがすがしさに欠いた状態なのではないか、とか
どうもため息が混じります。

このブログを始めて
花を入れる回数が増えることで、
実は、なんとなくは自覚していたけれども
自分はこんなにも観念的で
凝り固まっていたのか、と
わるい「クセ」のようなものと
嫌でも向き合う事が増えて
自覚が増したせいでもあります。

産まれてこの方
世の中に氾濫している「美しさ」が
知らず知らずのうちに
規範や黄金比となって
身に沁みついてしまっていることにも
起因するのでしょう。

予定調和が悪いわけではなく、
そこにとどまったままでは
気が晴れないのがいけないのです。

一旦手に取ったからには
なんとか仕上げねば!という思いが先立ち
素敵さや気分の良さを追及する前に
追われるような気持ちが勝りがちな気性であることも
関係しているとも思います。

そのような中で、
はたして自分には
謳い上げたい詩情のようなものが
内在するのか…と問い掛けた時、
すとんっとスランプに落ちてしまいました。

こういう時は
何も考えず、ただひたすら
楽しく気持ちの良い花を入れることに徹することが、
なにより早く
停滞から抜け出る方法かもしれません。

けれど、元来
あれこれと頭で考えてしまう性分の私には
それもなかなか難しく。

花を目の前にして
「どうもいかんなぁ」とため息をついている次第です。


20160618.jpg


花: そら豆 ひるがお えのころぐさ
器: 亜字型花瓶(室町期)


続く
関連記事
スポンサーサイト



4 Comments

すみちゃん06  

No title

今晩は、思いもつかなかった出会いの花達ですね。いつも器が立派です。
バウンドケーキのレシビ有難う御座いました。手首の骨折が治りましたら作りたいと思っています。

2016/06/19 (Sun) 22:28 | EDIT | REPLY |   

白秋マダム  

スランプ

門外漢の私が書く資格もないのですが、お邪魔します。
いつも花器といい、花材など厳選され、完成作品にため息交じりの憧憬を抱いています。
そんなに難しくお考えにならずに、お好きなように、
気の向くままにお活けになっても・・・と思うのですが。
基本を修められた後にご自分の美意識を加味されているようにお見受けします。
削ぎ落とされた美は素晴らしいです。
表現力に乏しく、うまく気持ちが伝わったかどうか・・・
失礼いたしました。

2016/06/20 (Mon) 22:03 | EDIT | REPLY |   

えるて  

すみちゃん06さま

白洲正子氏も記していらっしゃるように、器に教わるのです。

2016/06/21 (Tue) 21:09 | EDIT | REPLY |   

えるて  

白秋マダムさま

お心遣い頂き、有難うございます m(__)m


花一つ入れるにも
人それぞれの思いがありますね。

わたくしは今回のスランプで、
お花を上手に入れたい! 
な~んて 
これっぽっちも思っていない自分を
発見しました。

2016/06/21 (Tue) 21:13 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment

←お返事は基本当ブログ内で致します。ご面倒をお掛けしますが再度お越し下さい