パウンドケーキ 


1700年代初めに
イギリスのレシピ本に登場したパウンドケーキは
全ての材料(卵、砂糖、小麦粉、バター)を
1 ポンド(454g)ずつ使って作ることから
pound cakeの名前が付きました。

フランスでは、パウンドケーキのことを
カトルカールと呼びます。
「4分の4」の意味ですが、
つまり
卵×1+砂糖×1+小麦粉×1+バター×1=4
という意味です。

現在のイギリスでは、パウンドケーキではなく
スポンジケーキと呼ぶことが多いのかな?と思いました。
ヴィクトリア・スポンジケーキというお菓子は
日本のパウンドケーキを
丸型で5cmぐらいの厚さに焼いて
2つにスライスし、
間にジャムやバタークリームを挟んである
イギリスではポピュラーなケーキです。


パウンドケーキは
ホームメイドのケーキの定番ですが、
実は作り方によって
食感に随分違いが出ます。

上記の4つの材料を全て混ぜるだけだと
随分どっしりした質感のケーキになります。

どんな食感を目指すかによりますが、
バターを泡立てたり、
小麦粉の量を減らしてみたり、
卵白を泡立ててみたり、
ふくらし粉の炭酸ガスで浮かせてみたりして
空気を含ませ、
ふわっと仕上げるわけですが、
日本では、日本人好みの
軽めの食感に仕上げてあることが
多いと思います。

20160617.jpg

今日は、食べきれずに
皮が黒くなりかけたバナナがあるので
つぶして生地に混ぜ込んだ物と、
冷凍庫のブルーベリーを混ぜ込んだ物と
2種類作ってみました。

ただ混ぜ込んでゆくだけで
ベーキングパウダーで浮かせる
比較的ベーシックなレシピなので、
制作時間は正味10分、
焼き時間は35分、
片付けに5分で、ほんとにラクチンです。

週末のお茶のお伴に、
友人へのお持たせにと
活躍してくれそうです。



追記:

ご要望がありましたので、
バナナパウンドケーキのレシピです
(15cm×6cm×6cm のブリキのパウンド型2本分)

バター100g (室温に戻しておく)
砂糖 120g
卵  大2個 (室温に戻して溶きほぐしておく)
小麦粉 100g (ベーキングパウダーとふるっておく)
ベーキングパウダー 6g
バナナ 小3本

バターと砂糖を泡立て器で混ぜ合わせます。
そこに溶き卵を3回に分けて混ぜ込みます
(卵とバターが分離しないように注意します)。

オーブンに180度で余熱を入れはじめ、
バナナは、飾り用に薄切りを7枚程度よけておきます。
残りのバナナはフォークで荒く潰して
上記の中にざっくり混ぜ込みます。

次に小麦粉とベーキングパウダーを入れ、
粉っ気がなくなるまで
ヘラで大きく混ぜます。
粉が見えなくなってからもう10回程混ぜれば
生地の仕上がりです。

剥離油(セパレなど)を塗った型に
生地を入れます。
飾りのバナナを表面に張り付けて、
180度で40分焼いて出来上がりです。
オーブンと型によって
焼き上り時間は変わりますので、
加減なさってみて下さい。



関連記事
スポンサーサイト



3 Comments

yokoblueplanet  

初めまして。

こんにちは。
ご訪問、ありがとうございます。
実は、いま、バナナのパウンド・ケーキを食べている所で、オ〜ッ、パウンド・ケーキの記事、と感激し、読ませて頂きました!
栄養価も高いので、忙しい時には大助かりの一品です。
お花も楽しませて頂いてます!
いつもお花の記事と云うわけではありませんが、宜しくお願い致します。

2016/06/19 (Sun) 10:21 | EDIT | REPLY |   

えるて  

yokoblueplanet さま

はじめまして ^_^

ササユリの自生地を検索していた際に
伺わせて頂きました。

あのぅ… 
ササユリと何度かお書きになっていた
カリフォルニアの植物、
「ササユリ」ではなくて
「ユキザサ」ではないでしょうか。
日本のユキザサに良く似ています。
ご確認なさってみて下さい。

バナナパウンド、
いろんな食感の物があると思いますが、
わたくしのはしっとりふんわり系です。
万人好みだと思います。
アメリカで売っている物は
ぼそぼその重い食感の物も多いですよね。

渡米した直後は粉の違いを知らなくて
All-purpose Flourでケーキを作ってみて
重くて重くてびっくりしました。
粉の挽き方も日本とは違って。
cake flowerを後で知ることになったのですが、
そもそもそれを売っていないスーパーに
買い物に行ったのが間違いでした。

とほほな思い出です。

2016/06/19 (Sun) 13:31 | EDIT | REPLY |   

-  

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

2016/06/20 (Mon) 12:28 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment

←お返事は基本当ブログ内で致します。ご面倒をお掛けしますが再度お越し下さい