処暑 初候:綿柎開(わたのはなしべひらく)


「わた」という言葉自体は
かたまり状になった繊維を言います。

日本では昔、
例えば平安時代に「わた」と言えば
蚕さんの繭を煮て引き延ばして作った絹のわた、
つまり「真綿」のことでした。
木綿はまだ、ほとんど出回っていませんでした。

真綿の布団は軽くて暖かく、
お布団の中で寝返りをうつと
体の動きに着いてくるような
柔らかい吸い付き感があり、快適です。

先日デパートの寝具売り場を通りかかった際、
「一か月分のお給料でも買えないわ」と
女の子達が話しているのが聞こえてきたので
目を遣ると、真綿布団でした。
全て国産の、それも手仕事で出来た物が
高価であることは想像するに易し、です。


いわゆる「木綿」はインドが原産で、
平安時代のはじめ
桓武天皇の御代に種が伝来したものの、
上手く根付かず絶えてしまったことが
古文書に記されています。
日本の気候にあうような種が再びもたらさられて
栽培が始まるのは
室町時代の終わり頃のことだそうです。

現代において
コットンは最も普及している
庶民的な天然繊維ですが、
栽培が本格的に始まるまでは
朝鮮や中国から輸入される貴重品でした。
高価な衣類、もしくは軍事関連用として
珍重されたようです。

江戸期を迎える頃には
日本全国で栽培され、
寛永の頃には庶民の衣類にも用いられるまで
普及しました。

とは言っても、いずれにしても
全ての繊維が手織りの時代は
どのような布でも
貴重品だったに違いありません。

江戸時代から作られ始めた
日本製の高級絨毯の「緞通」は木綿製です。
湿気の多い日本だからこそ、
木綿を使ったのでしょう。
同時に、木綿が
カジュアルな繊維として
見下げられていないことがわかります。
鍋島緞通や、赤穂、堺などが有名ですが
多くは畳一畳分のサイズに織り上げられてありますので
何枚も使って敷き詰められます。
茶席で客座に使われていたり、
祇園祭の家見せの際に屏風の下に敷いてあったりして、
今でも緞通は
特別な日に持ち出して来て敷くような
そんな色合いが強いと思います。

ちなみに、鍋島緞通の新品を一畳分買うと
一昔前までは100万円まではしなかったのですが
今はどうでしょうか。
茶道具などを扱う骨董屋で、
昔の緞通が揃いで4枚、などというふうに
目にすることもあります。
真綿の布団もそうですが、
現代の日本で手作業を要する品物が
なんでも高価なのは
道理なのだな、と思います。


そして、同時にふと思ったのです。
木綿が庶民の繊維の代表になる前は、
どんな繊維が用いられていたのだろう?と。

支配者階級に属していない者は
自給自足するのが当たり前だったでしょう。

調べてみたところ、
麻、絹(まわた)の他に
楮、藤、葛、科、芭蕉、楡など
植物の内皮の繊維などが用いられていたそうです。
和紙の原材料の物もあります。
紙子の着物、などというものも
そういえばありました。

衣類の肌触りや温かさ具合を想像すると、
突然その生活感が身近に浮き上がってきます。
藤の繊維で作った衣類、など
どう考えても、
ふわふわとか、暖かく軽い、とか
そういうイメージとは程遠いです。

能に「砧」という演目がありますが、
「砧」は生乾きの衣類を棒で打って
柔らかくしたり、
光沢を出し皺を伸ばす道具でした。
植物の繊維から作られた布は
ごわごわとしているでしょうから、
それを砧で打てば
肌馴染みのよい状態に仕上がるのです。
この演目では都から何年も帰って来ない夫を想って
妻が布を打つのですが、
中年の女性の情念がしみじみと滲み出し
同性から見ても物恐ろしいのだから
妻を無下にしている異性はいかばかりだろう、と
想像してしまいました。



20160823.jpg


花: 綿 黄花秋桜 ジャスミン
器: 岡野法世 砧型信楽

関連記事
スポンサーサイト

2 Comments

hippopon  

No title

山種の砧はすきですけど、、
切なくて、かわいそうな気がしました。

2016/08/27 (Sat) 19:16 | EDIT | REPLY |   

えるて  

hippopon  さま


上村松園は、
繊細さといい色彩感覚といい
靫彦などと共に好きな
近代の日本画家です。


「砧」も、絵だけを見ると
やはり好きです。
しかし曲への行間の解釈がわたくしとは違うからか
こんな風情だと、
この物語が他人事のようだと感じます。

たとえば「花筐」は
松園の作品の中では大作ですが、
わたくしはあまり好きではありません。
しかしながら、あの能の曲を
あの表情のように解釈して
描かれるならば
「砧」がどうしてこうなるのか
ちと合点がいきませぬ。

松園は、この二つの作品について
文章を残しています。
ご興味があったら、是非。

2016/08/28 (Sun) 22:01 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment

←お返事は基本当ブログ内で致します。ご面倒をお掛けしますが再度お越し下さい