小暑 次候:蓮始開(はすはじめてひらく)


先日、風の名前の本をめくった際、
蓮の上を吹き抜けてくる風のことを
「荷風」というのだと
はじめて知りました。

この、二文字の漢字のもたらす
イメージの壮大さといったら!

早朝の上野不忍池の
一面の蓮の中の小道に立つことを
一瞬にして想像してしまいました。


ベトナムには
大量の蓮の花で香りをつけた
蓮の花茶があるそうです。
北部で、わずかなお店が
本物の蓮茶を作っているそうで、
ホーチミンの都会で探しても
ケミカルな香料の物しか
手に入りませんでした。

なんでも、100gのお茶を作るのに、
100輪の蓮の花の香りを移すとか。

憧れのお茶です。
蓮の花の盛りの頃、
そのお茶の工房を訪ねてみたいものです。


20160712.jpg


花: 毎葉蓮
器: 古銅砧形獅子耳花生 「杵のをれ」写



関連記事
スポンサーサイト

2 Comments

タコノアシ  

荷風

いつも凛とした花に心が洗われ、落ち着いた気分に浸ります。
竹の花入れとの組み合わせに殊更興味を持って拝見しております。

荷風ってそう言うことでしたか!
これを知っていれば、過日の蓮池の景色も更に印象深く感じられたと思います。
ありがとうございました。

2016/07/13 (Wed) 20:43 | EDIT | REPLY |   

えるて  

タコノアシさま

はじめまして ^_^

スランプ気味で
試行錯誤しておりますが
少しでも涼風をお届けできればウレシイです。

13日のお花は竹の花入れにしてみました。
ご高覧下さいませ。

2016/07/14 (Thu) 14:08 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment

←お返事は基本当ブログ内で致します。ご面倒をお掛けしますが再度お越し下さい