花野の季節

秋野尓 咲有花乎 指折 可伎數者 七種花秋の野に 咲きたる花を 指(および)折り かき数ふれば ななくさの花 万葉集 山上憶良こうして見てみると、万葉集に用いられている「万葉仮名」は、中国語を記すために発明された「漢字」を日本語に転用したいわば借り物なので、ある種のパズルのようだなぁと思います。例えば「八十一」を「くく」と読んだり「嗚呼」で「あ」、「三五月」で「もちづき」と読むなど謎掛けのようなものも...

夜誘花

初秋の夕暮れ時ともなると里山はあれよあれよという間に薄暗さを増し鳥の鳴き声も帰宅を急がせます。街灯に火が燈り、気が急きつつ足早に車へと向かう道すがらはじめてこの花に出逢った時の衝撃は忘れられません。薄暗闇の中でまるで美しい幽霊に出会ってしまったかのような驚きでした。妖艶さと清らかさを併せ持つレースのような稀な姿です。それが、晩秋の山で良く目にする真っ赤な実のカラスウリの花だと知ったのは随分後の事で...

風を切る

最近インスタグラムを始めていろんな方の入れられた花を拝見しています。秋海棠の花が盛りなので、多くの方が使っていらっしゃる中、あ、素敵な感性だな…と思う時は大抵大きな秋海棠の葉っぱが風を切るようにぴっと入っています。普通にぽんと入れると通常は、重力のままに大きな葉っぱの先っぽは下を向きます。秋海棠は明るく優しい雰囲気の花ですが、だらんと下がったままだと浮世の芥を一身に背負ってその重みに耐えかねて肩を...

夏の終わり

 先日、長い旅行から戻ってきて夕闇の中、まずは庭を見遣ると時々酷い雨が降りはしたようなのにこの夏の熱波で焼き尽くされたかのような草々に迎えられスーツケースを投げ出して慌てて水を遣りはじめました。蓮鉢の中はどれもこれも干上がる寸前でドボドボと勢いよく水を入れているにもかかわらず全ての鉢を満たす頃には日が沈み全身に汗がにじんでいました。生き物の世話をしている者が家を空けるのは大変なことです。動物であれ...