花を矯める 

花屋の一角に紅葉しているナナカマドの大枝がありました。北海道か、東北か、いずれにしても北からやってきたものなのでしょう。私の身長程もある大枝です。初秋に出版される紙面の撮影にでも使われるのでしょうか、なんとも気の早いことです。それを見ていて、この枝は大きな幹から横に出て伸びた脇枝なのだと無意識のうちに見ていることに気が付きました。横に出ていた枝を器にまっすぐ立てて入れることを想像してみてください。...

上空から見る風景

先週末、熊本空港に向かって飛行機が高度を下げている最中、阿蘇の頂上を南側上空から望んでいた際のことです。阿蘇は近くに見えましたがそれでも5kmやそこらは飛行機と離れていたはずです。その距離でもはっきりとわかるぐらいに山々の頂きがショッキングピンクに彩られていることに気が付きました。夕焼けの時間ならばまだしも丁度お昼時です。どう考えても某かの花の色で、それがびっしりと絨毯の如く阿蘇の山肌を覆ってミヤマ...

花を矯める つぶし矯め

花を留める際、うつわ(落とし)の背面を利用して茎の断面を背面にぴたっと沿わせることで留まりやすくなることは、十文字の花留の際に書きました。花留め 十文字④作為がほとんどない方法ですので自然な雰囲気に留まりますが、上の方が重かったり長かったりするとさし入れるだけでは留まらなかったり、もしくは、理想的な角度に留まってくれないこともあります。対処方法はさまざまあって、留める技術を屈指するためには曲げる技...

かほばな

高圓之 野邊乃容花 面影尓 所見乍妹者 忘不勝裳          たかまどの のべの かほばな おもかげに 見えつついもは 忘れかねつも 万葉集 大伴家持道路の路肩の植栽に昼顔が群生する季節となりました。昼顔は日本在来の野生種なのに対して朝顔は平安の頃薬用として渡来し、江戸時代の日本で一番交配された花です。現代では西洋種も入ってきて今私達が目にする殆どが園芸種なのだそうです。朝顔の植木鉢もそろそろ...