スペシャルなプレゼント

もうすぐ六月です。ジューンブライドです。それでふと思い出してフォルダーの中から写真を探して参りました。これは、何?と思われるかもしれません。随分前に依頼されて作った物ですが実は、フルーツケーキです。シュガークラフトの中に、かなり日持ちする直径15cmのフルーツケーキを入れています。西欧でポピュラーなウエディングケーキは三段です。一番下の段を披露宴の列席者に振る舞い、真ん中は列席できなかった方々へのお裾...

夏のはじめのお弁当

ちょっと忙しくしている方へ差し入れにお弁当を作りました。いつも思うのですが、他人が作ったお弁当は嬉しさだけではないドキドキ感があると思うのです。買ってきたお弁当にはない、緊張感です。開けた瞬間不必要な不安は払拭されるようにしてしまいたい。お弁当は水との闘いです。水分が多いと汚してしまいますし、水分が少なすぎると今度は乾燥との闘いです。そして口が飽きないように、甘い、辛い、しょっぱい、酸っぱいを考え...

赤ピーマンのムース

パリのマレ地区、ヴォージュ広場にある「ランブロワジー」を訪れたのはもう20年も前のことです。フランス語は挨拶程度しかわからないので、行先の住所を記した付箋を家族はいつも用意しており、タクシーに乗る際は運転手の方にそれを渡していました。その日もコンコルド広場のホテルの前でタクシーの後部座席に乗り込むと、運転手さんに紙を渡しました。はいはい、と気軽に受け取った運転手さんは明かりをつけて住所を確認するなり...

瓢亭卵

本日は上巳の節句、お雛祭りです。ちょっとした前菜に重宝するのが京都瓢亭の名物、瓢亭卵です。なんてことはない半熟卵なのですが、これがなんてことなくはなくて、召し上がった方皆さんどうやって茹でるのかお聞きになります。私も始めて頂いた時は、絶妙だ、と感心しました。京都の南禅寺のお店には何度か伺いましたが、始めては京都ではなく、渋谷のパルコの上の支店でした。今はもうなくなってしまいましたが窓の外には小さな...

あん肝

冬の時期、来客があるとしばしば「あん肝」を仕込みます。最寄りのスーパーでお取り扱いがない際は、お魚屋さんでお願いします。和食の際は日本酒で臭み取りをし、洋食の際は極甘口のデザート用白ワインに漬け、取り合わせのゼリーまで作ります。以下、略式の作り方です。まず、血管や血、薄皮を除きます。ピンセットを使用したり、太い血管は包丁の先で開いてしまうと良いと思います。あまり躍起になって行うとあん肝がボロボロに...