瓦そば

大学生の頃、夏休みに知人のお子さんの受験勉強を手伝ったことがあります。その日のことは既に記憶もあやふやなのですが、家の中には私達だけでした。午前の勉強がもうすぐ一息つくという頃に「お昼ごはん用にと母が用意して行きました」と蓋のしてあるホットプレートのスイッチを入れているのを見てはて、と疑問がわいたのです。朝早くに仕事に出かけてしまう母親が、ホットプレートにあらかじめ用意しておける、昼食…予想が全く...

ピンチョス

お土産や差し入れをあれこれ考えるのは楽しみの一つです。差し上げた方に小さな驚きや喜びが生まれるのを見ると私までものすごく嬉しくなるからです。何か手作りして差し入れる場合は参加者や会の趣旨を頭に浮かべつつあれこれ考えますが、先日は女性のおしゃべりの会でしたのでちょっとつまめるものをとフィンガーフードを作ってみました。イカボールは一口齧ると真紫のお団子の中から花山椒の緑が飛び出て来て美しいですスルメイ...

スペシャルなプレゼント

もうすぐ六月です。ジューンブライドです。それでふと思い出してフォルダーの中から写真を探して参りました。これは、何?と思われるかもしれません。随分前に依頼されて作った物ですが実は、フルーツケーキです。シュガークラフトの中に、かなり日持ちする直径15cmのフルーツケーキを入れています。西欧でポピュラーなウエディングケーキは三段です。一番下の段を披露宴の列席者に振る舞い、真ん中は列席できなかった方々へのお裾...

夏のはじめのお弁当

ちょっと忙しくしている方へ差し入れにお弁当を作りました。いつも思うのですが、他人が作ったお弁当は嬉しさだけではないドキドキ感があると思うのです。買ってきたお弁当にはない、緊張感です。開けた瞬間不必要な不安は払拭されるようにしてしまいたい。お弁当は水との闘いです。水分が多いと汚してしまいますし、水分が少なすぎると今度は乾燥との闘いです。そして口が飽きないように、甘い、辛い、しょっぱい、酸っぱいを考え...

赤ピーマンのムース

パリのマレ地区、ヴォージュ広場にある「ランブロワジー」を訪れたのはもう20年も前のことです。フランス語は挨拶程度しかわからないので、行先の住所を記した付箋を家族はいつも用意しており、タクシーに乗る際は運転手の方にそれを渡していました。その日もコンコルド広場のホテルの前でタクシーの後部座席に乗り込むと、運転手さんに紙を渡しました。はいはい、と気軽に受け取った運転手さんは明かりをつけて住所を確認するなり...