花留 又木(またぎ)留め ①

又木留めという花留めの方法は、木密(こみ)とも呼ばれます。流派生け花でもお生花(しょうか)と呼ばれる床の間などに格式高くまっすぐたてるような型の花を円筒形の花入れにいける際に用いる昔ながらの正統派花配りです。又木留めは木の枝のY字になっている狭い「又」の部分を利用するか、2本の枝をV字に組み合わせて草木を留めます。もしくは、太い枝の途中をワイヤーで巻いて割れ留めをし、枝をワイヤーまで縦に2つに割ってY...

花留め 「留める」と「固定」の違い

花留めについては一文字、十文字について以前書きました。花留め 一文字①花留め 十文字①このふたつは器(もしくは、落とし)に仕掛ける花留めです。花を入れた後でも比較的自由に草木を動かせることからなげいれの花では良く使います。一度なげいれて留まっている草木を、物理的にも空間の取り合いとしても他の花を入れた後で「動かせる」ということはなげいれの花にとっては実はとても、大事なことです。花をいけたり入れたりし...

hand maid boxer shorts② 作り方

先回の boxer shorts の作り方を教えて欲しいとご連絡を頂きましたので簡単にですが、ご説明いたします。ご用意なさる生地ですが、110cm幅の布であればMサイズの方は40cm程購入なさると一枚出来ると思います。女性の方が室内着用にお作りになりたいのであれば90cm幅の布で40cmもあればと思います。出来上がり予想図は既にお手元にあるお品がそのものですので、そちらをじ~っと観察なさりつつ以下をご覧になってみて下さい。手描き...

hand maid boxer shorts

以前、遠出する際には小さな手芸道具をジップロックに入れてバッグの中に持って行っていた時期がありました。飛行機や新幹線の中で上手に眠れない時に、本を読むのと同じ感覚でちょっと手縫い出来る程度の小品を音楽を聞きながらちくちく塗うためです。縫物なんて大荷物ではないのかと友人に聞かれたこともありますが、 持ち込んでいたのは 布も少量で嵩張らないトランクスなどです。そう、男性の下着トランクスです。 今は、搭乗...

お花が上手になりたいですか?

どうやったらお花が上手になりますか、という問い程返答に悩む質問は、ありません。花を器に上手に入れたい。どこかの流派に属して型を学んで、その型に沿って花をいれることで上手に入る。それで良いならば洋でも和でも型を自分で考え出したかと思う程自分と型が一体化するまでとことん学べば良いのだと思います。しかし型を持たず自分の世界観を花に投影する「なげいれ」の世界において、花の上手を言葉で表すことは、とてもとて...

土器を焼く

料理をするのは嫌いではありませんが、それでも食事を作るのは毎日のことなので面倒だと思うことは、しばしばあります。 そんな時、綺麗な器や好きな器にどれだけ助けられてきたかわかりません。料理と器がぴたり合うと疲れている時でも嬉しさが湧き、ちょっとした達成感が味わえます。なんてことない野菜のお浸しが美味しそうに見えるのも、器のお陰です。花も同じで、器とぴたりと合ってくれると気持ちがすっとします。路肩で摘...

心眼で見る線 ⑤

先日、同じ花を二つの器で比べましたが、左の壺花の方が花と器が融合していると感じている人が多いのではないか、と書いたかと思います。「入っている花」の線を鑑みると壺の方が適しているのではないか、ということであって右の備前の器の方が左の壺よりも劣っているという意味ではありません。今一度、右の備前の花を見てみてください。今日は、器の描く線と植物の描く線の融合に注目してみたいと思います。まっすぐな線の器に、...

赤ピーマンのムース

パリのマレ地区、ヴォージュ広場にある「ランブロワジー」を訪れたのはもう20年も前のことです。フランス語は挨拶程度しかわからないので、行先の住所を記した付箋を家族はいつも用意しており、タクシーに乗る際は運転手の方にそれを渡していました。その日もコンコルド広場のホテルの前でタクシーの後部座席に乗り込むと、運転手さんに紙を渡しました。はいはい、と気軽に受け取った運転手さんは明かりをつけて住所を確認するなり...

心眼で見る線 ④

次に花の方から見てみます。花が入ったまま、落としを器から出してみました。ガラスビンの中に注目してみて下さい。何本もの枝がクロスしている場所が見えるかと思います。意識してここで交わらせているわけではありませんが花が入り終わった後にこのような形になることはしばしばあります。扇でいうところの「かなめ」にあたるのかな、と思います。花を入れる際、器にどのように入れていくか算段をする際に、実はこの「かなめ」の...

心眼で見る線 ③

以下の写真をご覧ください。両方同じ花(トサミズキと藪椿と梶苺)が入っています。さっとなげいれただけの花で、落としごと花を器から器に移してみたのですが、どちらの方が良いですか?花を見て「気持ち良い」と感じる理由を言葉に表すのは簡単ではなく、なおかつ言葉にする過程で消えてしまう何かがあるため、分析することにためらいがあります。分析すれば、その結果は流派いけばなでいうところの「型」にあたるような位置にあ...