BLOG 

私を探さないで

自然に咲く花を摘み器に入れるようになって、遠方に出かける際にも植物に目を向けることが増えました。花屋には絶対に並んでいないような可憐な花、どうやってこの形に…と思うような不思議な形の葉っぱ、どきりとするような色彩の実。東北の大きな蕗の葉を見てはコロポックルの傘だ!と感激し、信州で初めて浦島草を見た際はくさむらからヘビが鎌首をもたげたように見えて驚き、四国の山中で山芍薬の実と出会った際はこの妖艶の権...

むくめく

器が好きで、食器もさることながら花用に良い器はないかと気に掛けている方です。しかしながら「これは!」と思うような物が悩まずに手に入ることは実は少ないのです。妥協をしてはラクチンに阿った己にこうべが垂れ、清水の舞台を飛び降りようとしてははたして勢いだけになっていないかと二の足を踏みはたと身の程を顧みる。買い物は自分との闘いで、反省することが殆どです。そんな中で土器は手に入れやすい部類に入るのですが、...

空の鳥を見よ

空の鳥を見よ。播かず、刈らず、倉に収めず、然るに汝らの天の父はこれを養ひたまふ。いわんや、汝らにおいてをや。  イエス・キリスト「山上の垂訓」    新約聖書マタイ伝福音書 第6章私には存在価値なんてないんじゃないかしら、と沈んでいた時、かつて友人がこの聖書の一説を送ってくれました。人はそんなに強くはないので、自分が何かの役に立っている事や他者に好かれている事、また、才能なり財なり人脈なりを自信の...

名残りの花

旬には「はしり」「盛り(当期)」「なごり」と三期あります。日本人にはどうしても「ハシリ」を喜ぶ傾向があります。出始めの頃は珍しさと季節の先取りで喜ばれますが、まだまだ「うぶい」のです。また、先取りをし過ぎると珍しさよりも肌にしっくりこない感じがすることもあります。量も質もたっぷりとその物「らしさ」をかもすのは「盛り」の頃で手に入れやすく親しみやすく、いずれも季節の出会いの物ではあるものの、花に限っ...

竹の花入 その3

秀吉の天正18年の小田原攻めの際利休が同行し、その際作ったといわれる竹の花入の「園城寺」を初めて目にしたのは上野の東京博物館ででした。少し、驚いたのです。その当時、私が普段使ったり茶の稽古で見慣れていたような竹花入れよりもかなり大きかったからです。利休が身の丈180cm程の大男だったとどこかで読んで、なるほどなぁ、それも関係あるのかもしれないな、と考えたりもしました。同時に、どのような場所を想定して花入...

花器のこと

器は、草木花がまとう衣装であり、草木花が座する家でもあり、草木花が育まれた大地の代わりでもあります。それゆえ「植物本位」に考えると、草花にどのような器を添わせるかは一大事で、草木の生まれと育ちをおもんばからずに器に入れることは、すなわち草木の個性を殺すことに繋がります。一本の素朴な雑草であろうとも、その花に添い、生かす器があります。逆に「器本位」に考えると、その器の持つ世界観を脇において花をいれる...

秋の気配

ここ数年、毎年のように「花が咲いてない、花の数が少ない」と言っています。この季節になったら例年ならばあそこにあれが咲いているはずと出掛けて行っても、肩透かしをくらうことが多いからです。気候の、特に雨の降り方が私の幼少期の頃とは異なってきたせいもあるのか植生がだんだんと変わってきているのかもしれません。地球の温暖化、と一言で言えることなのかわかりませんが、そういえばイギリスのほとんどの地域はブドウの...

頂戴するということ

先日のこと。大根おろしにジャコが乗ったのが出てきた瞬間「いのち~!」って思ってしまったのよね、と知人が言いました。どういう意味か聞いたところ、おじゃこの一尾一尾が一つ一つの命なのでこの一口は何十もの命なんだと思うとぐっと来てしまって食べたくなくなったのだ、と言うのです。なるほどなぁ…と思いました。しかしながら、たとえばそのおじゃことて数えきれないほどのプランクトンを食べそれとて命です。大根はお野菜...

瓦そば

大学生の頃、夏休みに知人のお子さんの受験勉強を手伝ったことがあります。その日のことは既に記憶もあやふやなのですが、家の中には私達だけでした。午前の勉強がもうすぐ一息つくという頃に「お昼ごはん用にと母が用意して行きました」と蓋のしてあるホットプレートのスイッチを入れているのを見てはて、と疑問がわいたのです。朝早くに仕事に出かけてしまう母親が、ホットプレートにあらかじめ用意しておける、昼食…予想が全く...

ヴァッハウ

ヴァッハウ渓谷はウィーンの西、電車で1時間程の古城や修道院が多く点在する土地です。中でもメルク修道院はハプスブルク家の庇護を受けたベネディクト派の男子修道院で、マリー・アントワネットがお嫁入りの道中一泊したこともある格式を誇り、壮大で華麗なバロック様式の教会や図書館に圧倒されます。私はグレゴリオ聖歌やパイプオルガンの音が好きで大きな教会を訪れた際には併設の売店でその教会で録音されたCDを買うことがあ...

About me

Hi, there.

auther: えるて

  東京近郊の山里で採取した野の花や
都心の小さな庭の草木から
季節を切り取ります。
時折、食卓の話題や
日々のよしなしごとも。